HOME > リーディットの特長 > ハイクオリティデザイン

ハイクオリティデザイン

ホームページは「企業の顔」

ホームページは「企業の顔」です。今や企業にとってかかせない存在となったホームページですが、中小零細企業ではまだまだ普及していないのが現状です。また、仮にあったとしても社内でスタッフが作成した簡易なものや、情報がうまく伝わっていない、あるいは必要な情報が掲載されていないなど、見る側にとって不完全なホームページが非常に多く見受けられます。

インターネットが普及した今、ユーザ(顧客)の見る目は非常に肥えています。ホームページを見て、その会社が信頼できそうかどうか、ショッピングサイトであればそこで買物をして大丈夫そうか、など、ユーザはホームページを見て、御社自身のことを判断しています。

つまりホームページの見た目や使い勝手が悪いと、会社自体に悪い印象を持たれてしまう可能性があります、ということです。インターネットはお互い顔が見えないため、ホームページを見て判断されてしまうのは当然のことなのですが、その重要性を理解されていない方が多いのも残念ながら事実です。

せっかくホームページを見てもらえたのに、サービスの良さをうまく伝えられていない、商品は良いのにカートの使い勝手が悪く購入してもらえない、などの理由でビジネスチャンスを逃してしまっては元も子もありませんよね?

リーディットでは「企業の顔」としての役割をしっかりと果たし、企業イメージを向上させ、使い勝手の良いホームページ制作を心掛けています。

ホームページは見た目だけで判断されるものではありません!

結論から言いますと、ホームページは内容(コンテンツ)が一番大切です。ただし、その内容を伝えるための最低限の見た目・デザインはもちろん必要です。

ところがホームページといえば、派手なフラッシュや動画など、色々なものを駆使してとにかく見た目にこだわりたい!と思われる方も多いのではないでしょうか。 ですが、それでは単なる自己満足で終わる可能性が高いです。なぜならユーザが本当に見たいのはかっこいいデザインやフラッシュではなく、御社の商品・サービス、あるいは御社自身の事だからです。

派手なフラッシュや動画をいきなり見せられた上に、必要な情報が掲載されていなかった。そんな会社と仕事がしたいなんてあなたは思いませんよね?

リーディットは本当の意味での「ハイクオリティデザイン」を目指します。

リーディットでは、必要な情報を「伝える」という事を第一に、それを実現するためのデザイン・ホームページ制作を行います。

そのため御社の商品・サービス・御社自身の事をしっかりと理解した上で、徹底したユーザ目線でのホームページ制作を行います。

ホームページは決して芸術作品ではありません。公開してハイ終わり!ではなく、何度も何度も手を加えることで、初めて結果がついてくるものです。

リーディットでは一時的ではなく、長期的に効果の出る「ハイクオリティ」なホームページ制作を心掛けています。是非、御社の成功をリーディットにお手伝いさせて下さい。

制作費用のお見積り・お問い合わせはこちらから

ホームページ制作・SEO対策・アクセシビリティ対策などのご相談も随時受け付けております。どうぞお気軽にご相談下さい。

制作費用のお見積り

お問い合わせ